Animpressの管理人が、アニメや漫画の感想・批評を書いてみました。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/01/08(火)

GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO- のあらすじ(公式サイトより抜粋)

GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO- Vol.1【初回限定版】

イタリア首相府が秘密裏に設立した超法規的諜報機関、社会福祉公社。
そこでは担当官と義体と呼ばれる公社が開発したサイボーグが
兄妹(フラテッロ)と呼ばれるペアになって、
暗殺を始めとする裏の任務を行っていた。

ある日、ローマ市内で行われていた市民デモに便乗する爆弾テロが発生。
付近を警戒中だったジョゼ・ヘンリエッタ組とジャン・リコ組のフラテッロは、
政府に敵対する五共和国派の犯行であることをすばやく察知し、犯人を追跡。
駆けつけたヒルシャー・トリエラ組、作戦2課員らとともに
速やかにテロリストを制圧した。

任務を忠実にこなす義体たち。
「条件付け」された彼女たちは、
命令とあれば殺人へのためらいは一切ないのだった。

その晩の公社。
ジョゼの留守中に、ヘンリエッタはジョゼの部屋で
自分へのプレゼントを偶然見つけ箱を開けてしまう。
プレゼントに刻まれた他の女性の名前を見てショックを受けたヘンリエッタは・・・・・

[GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO- 1話「二人の距離 兄妹」]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。